ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2016/02/21 (Sun) 営業案内

Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


棋譜不足のため、
久しぶりの更新になります。



49手目が玉頭位取り対四間飛車の一つの基本形。
ここから後手は攻勢なら55歩や、62飛。
守勢なら本譜の進行が有力な手段。

16歩、62銀の交換を入れてから先手は敢然と仕掛けるが、
後手を固めさせてしまった意味もあり
この交換は微妙なところ。

86手目が勝負どころ。
63金では68金引きと受けに回る手も見えるが、
後に62飛と使われる手を警戒したか。

102手目に86歩と打ったれ先手玉は受け無しに見えるが、
連続王手で後手玉を追い出し、
107手目の97桂がと金を消す好手で決め手。

投了図以下は、同玉、65龍、66合、59桂、同金、68飛、77玉、66龍まで。

終盤の入り口が非常に難解で、
後手にも手段があったかも知れません。
スポンサーサイト

あいかわらず棋譜不足ですが、
直近の将棋を見せてもらったのでアップします。
三間飛車党は必見です。
・・・って振り飛車やめたんじゃなかったのか(笑)


先手の軽い仕掛けに対する
44手目の73銀上(63金もある)までは、よく見る手順。
管理人もまったく同じ局面を指したことがある。

47手目の35歩が先手の工夫だが、
歩突きを逆用された56手目の局面を見ると
あまり得ではなかったか。

その後も後手の差し手は冴え渡り、
天王山に角を据えた
92手目の局面は、はっきり優勢だろう。

穴熊に銀を補強してチャンスを待つ先手に対する
100手目の65歩は結果的には一手パスのような手で
ここでは52銀、同龍、53金として
次の68金を狙う方がわかりやすかった。

Zを生かした107手目の85桂が先手の勝負手。
82角を利かせておいて、
一転79銀と金銀交換を要求した局面では
先手が逆転に成功したかにも見える。

114手目の52銀がおそらく敗着。
先手に香を渡したことで
上部開拓の手段を与えてしまった。
ここでは96桂!が必殺の一着で、
同香に89金とすれば
先手は98玉と逃げるしかなく、
(同玉は77桂!、同銀、97桂、88玉、98飛!以下詰む)
そこで67とが88金以下の
自然な詰めろになって後手の勝ちだった。
残念な一局。

今期(第59回)NHK杯予選決勝
野月浩貴七段との一戦。
20分30秒の将棋としては
かなり面白い内容です。


後手の注文で序盤は変則的な駒組み。
43手目の13桂成と端に綾をつけてから、
じっと25歩と伸ばすのが習いある手渡し。
端に傷を残すことで後手の攻めを牽制している。

後手も形を整え、54手目の95歩から開戦。
61手目の83銀に対する95香も当然とは言え強手で、
このあたりは後手ペースの戦いにも見える。

78手目の97角成で後手の攻めが一段落したところで、
先手も後手玉の端の傷をついて猛然と反撃。
93手目の二度目の24桂に42飛と逃げるようでは
形勢は先手に傾いたか。

95手目、14香に対して受けのない後手は
65桂と詰めろをかけて開き直るが
ここで後手玉には詰みがある。

秒読みに追われた105手目の32香が痛恨の敗着。
ここで33香なら、同金、41飛、22玉、33馬以下の
詰みがあり先手の勝ちだった。
残念な一局。

宮田の将棋!ミレニアムのキーワードは
振り飛車・・・だったのですが
なかなかうまくいかなかったようです。
最近は「もう振り飛車はやめた」と言っています。


ここ数年連採していた三間飛車に対して
後手は44歩を止める居飛車穴熊で対抗。
49手目の97香が、この戦型ではあまり見ない
端攻めを見た一着。

手待ちの92香に対してすかさず95歩と仕掛けたのが、
積極的な一手だが成算はあるのだろうか?

端に手をつけてから
中央の小競り合いで44歩と叩いた手が、
ちょっとした深慮遠謀。

65手目の95香が二枚飛車の攻めを
恐れないなんとも大胆な手で、
71手目33香まで進んでみると
44歩の効果の程がわかる。

78手目の79飛から後手も反撃に転じるが、
85手目の49飛、91手目の38銀と、
実に宮田らしい手厚い受けが続いて快勝。

でもやっぱり振り飛車はやめるそうです(笑)




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 三軒茶屋将棋倶楽部の裏通り, All rights reserved.
まとめ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。