ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2016/02/21 (Sun) 営業案内

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


手合戦 月間成績優秀者
2009年3月
(月間15対局以上)

勝率

1位 古田 龍生 三段
16勝4敗 0.800

2位 斉藤明日斗 三段
11勝4敗 0.733

3位 伊藤 匠 2級
9勝6敗 0.600

最多勝
古田 龍生 三段 
16勝
 
最多連勝
大澤 健人 五段
9連勝
スポンサーサイト

こざっぱりした初形で
二手目の合駒読みが全ての作品。


香合の変化読みが意外と難物だったようで
某女流棋士がかなり苦戦していました。
作意手順は簡単だと思いますが
7~9手目の組み合わせは
わかっていても気持ちがよいと思います。

元棋聖で「いぶし銀」の異名を持つ
桐山清澄九段との一戦。



22手目の局面が
今では全く見なくなった
角代わり棒銀の基本形。

管理人的には意味もわからず
一手損角代わりなんてやるよりも
子供達には、まずこれをやってほしい。

44手目の35銀に対する11香成が
予定とはいえ踏み込んだ一着。
17歩成~39角を許しても
玉形の差で指せると見ている。

58手目に要の金を剥がした
後手が指せているようにも見えるが
継続手段がないことを見切っている。

結局84角成と引き上げるしかない後手に対して
先手は二枚の成駒を金銀との交換に成功して優勢を確保。

後手も先手の玉頭に肉薄するが
93手目の33角が詰めろ逃れの詰めろと同時に
107手目の54歩を読み切った決め手。

鋭い踏み込みから
鮮やかな着地を決めた好局でした。

重苦しい初形ですが
大駒を全て捌ききるので
解後感は悪くないと思います。
ただ自作の中ではかなり難解。


よくある収束からの逆算なので
没になったかと思っていたのですが
諦めた頃にデパートで拾ってもらえました。
苦労して余詰めを消した甲斐がありました。

手合戦 月間成績優秀者
2008年2月
(月間15対局以上)

勝率

1位 横川 天紘 三段
14勝6敗 0.700

2位 斉藤 明日斗 三段
15勝8敗 0.652

3位 尾崎 優介 二段
11勝7敗 0.611

最多勝
斉藤 明日斗 三段 
15勝
 
最多連勝
10連勝
渡辺 達夫 六段 


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 三軒茶屋将棋倶楽部の裏通り, All rights reserved.
まとめ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。