ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2016/02/21 (Sun) 営業案内

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


詰将棋パラダイスHP(http://www005.upp.so-net.ne.jp/tsumepara/)
開設10周年記念企画に採用されたものです。
11手詰と手数は短いのですが、かなりの難問。


慣れた方なら筋はすぐに見えますが、
手順前後を許さない構成になっているため
正確に読み切るのはなかなか大変です。
本手順は爽快な連続捨駒で、
解後感は抜群だと思います。
スポンサーサイト

詰四会課題、平成版「四図之作物」に採用されたものです。
四図之作物とは、盤面四隅にそれぞれ4×4の詰将棋が出題され、
どの作品も同じ持駒で詰むようになっている趣向のことです。
私は右上に採用されました。


夏向けのさっぱりした初形で、
暑い季節には調度よい難易度だと思います。
手順は玉の一人時間差といった趣で、
案外見えにくいかも知れません。

小学校に採用された7手詰です。
短時間で作った割には
やけに高い点数が出てびっくり。


同じ月に掲載された短大の労作より、
点数が高かったのにはかなり凹みましたが(苦笑)

宮田の将棋!ミレニアムのキーワードは
振り飛車・・・だったのですが
なかなかうまくいかなかったようです。
最近は「もう振り飛車はやめた」と言っています。


ここ数年連採していた三間飛車に対して
後手は44歩を止める居飛車穴熊で対抗。
49手目の97香が、この戦型ではあまり見ない
端攻めを見た一着。

手待ちの92香に対してすかさず95歩と仕掛けたのが、
積極的な一手だが成算はあるのだろうか?

端に手をつけてから
中央の小競り合いで44歩と叩いた手が、
ちょっとした深慮遠謀。

65手目の95香が二枚飛車の攻めを
恐れないなんとも大胆な手で、
71手目33香まで進んでみると
44歩の効果の程がわかる。

78手目の79飛から後手も反撃に転じるが、
85手目の49飛、91手目の38銀と、
実に宮田らしい手厚い受けが続いて快勝。

でもやっぱり振り飛車はやめるそうです(笑)




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 三軒茶屋将棋倶楽部の裏通り, All rights reserved.
まとめ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。