ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2016/02/21 (Sun) 営業案内

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨年急逝された同門の弟弟子である
達正光七段との一戦。



森下システムの出だしから
47手目までが一連の流れで
双方不満なしといったところだろう。
後手が55に位を張り、
角道が止まったタイミングで先手は仕掛けるが、
58手目の62角が参考になる受け方。
先手も端に戦力を集中して突破を図るが、
80手目の24銀が先手の鋭鋒をかわす好手で、
以下は一目散に右翼に逃げ出し、
104手目の58銀で反撃に転じて勝利。
後手の柔らかい受けが印象に残る一局。

宮田の将棋!矢倉勝局集 完
関連記事


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 三軒茶屋将棋倶楽部の裏通り, All rights reserved.
まとめ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。